タイ古式マッサージは回春のツボを刺激することで春を呼び戻していきますが、一般的にお客さんはうつ伏せのスタイルでサービスを受けることとなります。
このうつ伏せというのが大きな刺激を味わえるスタイルであり、恥ずかしさもあることからM男さんには最適な風俗なのです。

 

多くの駅前などにタイ古式マッサージの店舗がありますが、定番のサービスとしまして、前立腺への刺激やリンパマッサージとなります。
一度でも前立腺への刺激を経験してしまうと、そのあまりにも気持ち良い施術に、決して忘れることの出来ない最高の瞬間を味わえることでしょう。

 

エステなどでは当たり前のように着用をする紙パンツを採用しているタイ古式マッサージも多くあります。
恥ずかしくも勃起してしまったその股間を手で収めてくれる最後の性感マッサージが何よりも最高です。



回春のツボを攻めてくれるタイ古式マッサージブログ:20190317

減量中の主食として、
皆様は、パンとライス、どちらを選びますか?
 
減量に関して言うと、
ライスの方が主食として適しているみたいですよ。

ライスは、原料に水を加えてそのまま炊くだけですが、
パンは、小麦粉にバターや砂糖などを加えて焼き上げたものなので、
その分ライスに比べて高カロリーなんです。

また、それぞれの付け合わせ(おかず)の選択にも影響してきます。

ライスの場合は、
豆腐や納豆、野菜の煮物などでおいしく食べることができますが、
パンの場合は、ハムやベーコン、卵などが欲しくなりますよね。

トーストにした場合も、おいしく食べるためには
バターやジャムを使ってしまい、
結果として脂肪分を摂りすぎてしまうことになってしまいます。

トータルするとパンの方が高カロリーになってしまうんです!

食事の量を減らすと、すぐに腹が空いてしまう!
だから、量はそのままでカロリーは低く抑えたい…
そんな要望に応えてくれるのが、
低カロリーな食材を使った混ぜライスです。
 
海藻や干ししいたけ、じゃこ、きのこ類などの食材を
ライスに混ぜて味付けをしてみると、
おかずはそんなに摂らなくても、おいしく食べることができます。
結果として低カロリーな食事で、栄養もバッチリです。

また、満腹感を得るためには、
ライスを「おかゆ」にしてしみてはいかがでしょう?
じっくり煮込んだおかゆは、元々のライスの量が少しでも、
食べごたえがあり、かなりの満腹感が得られます。

ライス1杯を、おかゆ1杯にかえるだけで、
約90kcalもの摂取カロリーを減らすことができるんです。

減量のために、ライスを活用しましょう!